歯がしみる(知覚過敏)
むし歯がないのに、冷たい物を食べた時や歯を磨いた時にしみるのは、多くの場合知覚過敏になっています。
知覚過敏の原因は様々ですが、間違った歯みがきや歯周病などで歯ぐきが退縮してしまったために、歯の根っこ(歯根)が露出し、神経に刺激が伝わりやすくなった状態になっています。
歯には神経(歯髄)が通っており、その外側に象牙質、さらに一番表面にはエナメル質が覆っています。エナメル質は非常に堅い材質ですが、歯根部分にはエナメル質の代わりにセメント質があり、歯根が歯ぐきから露出するとセメント質は薄い為象牙質に刺激が伝わりやすくなります。
この象牙質には、象牙細管と呼ばれる小さな穴がたくさんありますので、歯根が露出していると刺激が伝わりやすくなり、知覚過敏となってしまうのです。
レーザー治療
レーザーを露出した歯根に照射し、痛みの伝わりを遮断します。
スコッチボンド
当院では最新の3M社製の商品を使っております。レジン充填するときに使用することによって、安定した高い接着力を発揮します。また、知覚過敏にも高い効果が期待できます。