むし歯を治したい
レーザー治療
レーザーを当てることによりむし歯菌を殺菌し、歯をほとんど削らずにむし歯の進行を止めたり治療したりすることができるので、麻酔をしなくても痛みの少ない治療が出来ます。
今まではむし歯が大きくなるまで待って、大きくなってから 削るしかなかった初期虫歯なども、治療することができます。
ただし、むし歯の進行状況によりレーザー治療が有効か判断させていただきます。さらにレーザーを当てることで、虫歯になりにくい強い歯にすることができ、むし歯予防にも効果があります。
インレー・クラウン治療
インレーとは、むし歯治療で削った部分に詰める詰め物のことです。
インレーにはシルバーやゴールドなどの金属のほかに、ハイブリッドインレーというセラミックと硬質レジン(白色の樹脂)を混ぜた材質の物などがあります。
それぞれに特徴がありますので、ご要望に応じた治療を行います。
クラウンとは、むし歯治療で削った部分が大きい場合に、削った部分を覆うかぶせ物のことです。
クラウン治療をする場合にはむし歯もかなり進んでいますので、通常は歯の根っこの治療(根管治療)を行ってからクラウンをかぶせます。
クラウンには、金属だけでできているクラウンの他に、金属の表面にセラミックやハイブリッド素材を施し、見た目が白い歯になる治療方法や、金属アレルギーの方にも適応したセラミックだけでできているオールセラミッククラウンなどがあります。

ゴールドインレー


ゴールドクラウン


ハイブリッドインレー