入れ歯が合わない
「入れ歯が痛い」「入れ歯が外れやすい」など、入れ歯に不具合を感じておられませんか?
入れ歯は作られたころは合っていても、長年使っているうちに歯茎の状態や形が変化して、合わなくなることがあります。また、偏ったかみ合わせによっても歯茎の形は変化します。
そうしますと、入れ歯が外れやすくなったり、食べ物を食べた時に歯ぐきと入れ歯の間に食べ物が挟まって痛みを感じたり、しゃべりにくくなったりする事があります。
入れ歯安定剤などで、ある程度は安定しますが、合っていない入れ歯をずっとつけていると、体にも様々なストレスが現れますので、ぜひ一度当院にご相談下さい。

アタッチメント義歯
(総入れ歯、部分入れ歯どちらにも対応可能です)
アタッチメント義歯とは、歯のない部分の近くの残存歯にかぶせ物を施し、そこに入れ歯(義歯)を連結させる装置で固定するため、安定性がよく、ぐらつきによる噛みづらさが解消されます。
また、通常(保険適用範囲内)の義歯のように、見える部分に金属のバネなどを使用しないので、審美性に優れ、残存歯への負担も最小限で済みます。
また、アタッチメント義歯には、磁性アタッチメント義歯という残存した歯の根っこ(歯根)に小さな金属を埋め込み、入れ歯に磁石を装着することにより、入れ歯を安定させる方法もあります。

コンフォート
(総入れ歯、部分入れ歯どちらにも対応可能です)
コンフォートとは、入れ歯の歯ぐきに接する部分を生体用シリコーンというクッション材で覆った入れ歯のことです。
生体用シリコーンは軟らかく弾力のある素材ですので、入れ歯のクッション性と密閉性が良くなるため、噛む力も大幅にアップします。 コンフォートは、新しく入れ歯をつくられる場合だけでなく、今ご利用されている入れ歯に加工することもできます。ただし、入れ歯の種類によってはコンフォート加工できない場合もありますので、一度当院にご相談下さい。